【初回限定価格2,200円】肌の変化を実感できるお肌の救世主「フラセラ」トライセルセットの詳細はこちら

ブログに挿入するグラフ作成ツールはCanva(キャンバ)がおすすめ!【画像付きで解説!】



ブログに使うグラフってどうやってつくるの?
ワードやエクセルだとおしゃれにつくれない


今回はブログで使うグラフを無料で・オシャレに・簡単に作る方法をお教えします。


今回紹介するツールはCanva(キャンバ)です。


ブログのアイキャッチ画像の作成ソフトとしてとても有名ですよね。


実はCanva(キャンバ)はちょっとしたグラフを簡単に作れてしまうとても便利なソフトなんです。


さっそく、画像を使いながら詳しく説明していきます。

今回の記事で分かること
  • グラフ作成でCanvaをおすすめする理由
  • Canvaでグラフを作成する方法(画像付き)


ブログのグラフ作成はCanvaがおすすめ

Canva(キャンバ)とは?

Canva(キャンバ)とは、簡単に言うとブログやインスタグラムのアイキャッチ画像やロゴなどを無料でデザインできるツールのことです。


初心者でも手軽に使えて、誰でもおしゃれなデザインにできます。


Canvaでデザインできるものの詳細やロゴの作り方はこちら

ブログのグラフ作成でCanva(キャンバ)をおすすめする理由


  1. 初心者でも無料で簡単につくれる
  2. ワードやエクセルで作るよりもおしゃれに作れる
  3. ブログのデザインに合ったグラフを作れる



この3つです。


Canvaの最大の魅力は、誰でも・無料で・簡単に・おしゃれに様々なものがデザインできること。


ワードやエクセルで作ると、どうしても「資料感」が出てしまいますが、Canvaだとブログのデザインに合ったグラフを選ぶことが可能です。


もっとおしゃれに作りたい!


という人はぜひCanva(キャンバ)を使ってグラフを作ってみましょう。

ブログのグラフをCanva(キャンバ)で作る方法【画像付き】

基本編


  1. キャンバのサイトから無料登録をします。
  2. Canvaサイト

    画像では「メールアドレスで登録」を選択していますが、Googleアカウント、Facebookアカウントも使用できます。





  3. 「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力して「無料で開始!」をクリックします。


  4. Canva(キャンバ)のホーム画面に切り替わるので、左上の「デザインを作成」をクリックします。


  5. タブが開かれるので、その中から「カスタマイズ」をクリックします。


  6. 希望のサイズを入力します。
  7. むうたま
    私はいつも500(幅)×300(高さ)で作成しています。


  8. デザイン画面に切り替わるので、左バーの「素材」を選択します。


  9. 上の検索画面に「グラフ」と入力すると、様々な種類のグラフが表示されるので、好みのグラフを選択します。
  10. 今回は青色の縦線グラフを選択しました。

    素材の右下の「王冠のマーク」が付いているものは有料会員のみしか使えないので、無料会員の場合は王冠マーク以外の素材を使いましょう。


  11. グラフが表示されます。


  12. 左のデータ入力画面に、データを入力します。入力すると左側のグラフにもデータが反映されます。
  13. 今回は、ある企業の商品A~Dまでの11月売上個数の表を作成します。



  14. このままでは文字が小さすぎて見えないので、文字サイズを変更します。
  15. 今回は14の文字サイズに変更しましたが、好みのサイズでOKです。



  16. 棒線の色を変える場合は、左上のカラーボックスをクリックしてし、好みの色を選択します。選択すると、棒線の色が変わります。
  17. むうたま
    自分のブログのデザインに合った色味を選ぶと、統一感が出ます。


  18. データの文字色を変えたい場合は、上の「A」をクリックして、好みの色を選択します。すると、グラフの文字色が変わります。


  19. 縦線グラフではなく、横線グラフに変えたい場合は、左上のグラフの種類を「横線グラフ」に変更します。
  20. すると、データはそのままでグラフの種類が縦線グラフから横線グラフに変わります。


  21. 円グラフにしたい場合は、同様に左上のグラフの種類を「円グラフ」に変更します。


  22. グラフにタイトルをつける場合は、左バーの「テキスト」を選択し、好みのテキストサイズを選択、タイトルを入力します。


  23. フォントも変える場合は、左上のフォントボックスをクリックし、好みの字体を選びます。今回は「値」も入れました。


  24. 完成したら、右上のをクリックし、ダウンロードをクリックします。


  25. フォルダを選択して保存します。



これで完成です。

応用編~グラフを枠で囲む方法~

  1. グラフ自体に枠線で囲みたい場合は、まず左バーの「素材」を選択します。
  2. 上の検索ボックスに「枠」と入力します。
  3. たくさん枠のデザインが表示されるので、好みの枠を選択します。
  4. グラフに合わせてサイズを変更します。
枠の色も変えられるものもあるので、その場合はグラフ作成と同様に色を変更しましょう。




むうたま
枠のデザインによっては、サイズを変更できないものもあるので注意しましょう。


参考までに、自分のサイトの印も入れてみました。



これで枠付きのグラフが完成です。

完成したグラフのイメージ

枠なし・サイトの印なし

枠あり・サイトの印あり




グラフを続けて挿入する場合は枠があった方が見やすいです。


一方で、文中に1つのグラフのみ挿入する場合は、枠がない方が文中に馴染みやすいです。

ブログに入れるグラフの作成にはCanva(キャンバ)を使いましょう!


いかがだったでしょうか?

今回のおさらい

  • canvaは初心者でも無料で簡単につくれる
  • canvaはワードやエクセルで作るよりもおしゃれに作れる
  • canvaはブログのデザインに合ったグラフを作れる



ただし、Canva(キャンバ)は、あくまでもアイキャッチ画像やロゴなどをデザインするツールのため、細かな資料データを元にしたグラフ作成には不向きかもしれません。


その場合は、ワードやエクセル、他のソフトを使用することをおすすめします。


一方で、簡単なグラフをサクッと作りたい!という人にはぜひCanva(キャンバ)がおすすめですよ。


さっそくCanva(キャンバ)でグラフを作成してみましょう。