【初回限定価格2,200円】肌の変化を実感できるお肌の救世主「フラセラ」トライセルセットの詳細はこちら

毛穴の黒ずみを消したい人のための大切な5つの習慣【毛穴黒ずみ女子集合!】

 

  • 今までいろんな毛穴ケアアイテムを使ってきたけど黒ずみが消えない
  • 憧れの白く透き通った肌になりたい

 

今回は、毛穴の黒ずみに悩んでいる女性のために、毛穴の黒ずみを永遠に消す5つの習慣についてお話します。

 

世の中には毛穴の黒ずみをなくすためのアイテムがありますが、正直どのアイテムを使っても効果が感じられないと悩む女性はきっと多いはず。

 

この記事を書いている私は、20代前半に毛穴の黒ずみに悩まされていましたが、スキンケアを改めて見直したことで毛穴の黒ずみで悩まない肌になることができました。

 

毛穴の黒ずみが消えたことで実感できたこととして、

 

肌が白く透き通って見える

化粧のノリが良くなる

悩みが消えて明るくなれる

自分の肌が好きになる

 

毛穴の黒ずみが消えると肌がきれいに見えるだけでなく、スキンケアやメイク時の悩みも軽減され、毎日がもっと楽しくなります

 

この記事を読んで分かること

  • 毛穴の黒ずみができる原因と消えない原因
  • 毛穴の黒ずみを永遠になくす5つの習慣
  • おすすめ自己流特別ケア

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

毛穴の黒ずみの原因

毛穴の黒ずみが目立つ原因として、主に以下のものが挙げられます。

 

  1. 過剰な皮脂分泌
  2. ハリや弾力の低下
  3. 酸化

 

その他にも、ホルモンのバランスや遺伝、性別、年齢、ストレス、季節、また食生活など様々な要因が関係しています。

 

ただ、実際に私が毛穴の黒ずみケアをしていく中で意識していたのは上記の3つです。

 

過剰な皮脂分泌

皮脂が必要以上に分泌されると、開いた毛穴に汚れが詰まり毛穴の黒ずみが目立ってしまいます

 

これは、オイリー肌の人に多いそうなのですが、混合肌の私も当てはまります。

 

基本的に加齢とともに皮脂は減少していくのですが、顔のテカリが気になるからといって保湿クリームや乳液を塗ることを怠ると、実は返って過剰な皮脂分泌に繋がります

 

オイリー肌が悩みの人や皮脂が気になる人こそ、しっかり適度に保湿をする必要があります。

ハリや弾力の低下

肌にあるコラーゲンヒアルロン酸が減少すると、肌のハリや弾力が失われてしまい、毛穴が開いて見える原因に繋がります。

 

肌の真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸は加齢とともに減少していくので、日々のスキンケアでコラーゲンやヒアルロン酸配合のスキンケアアイテムを使うことを心掛けましょう。

酸化

酸化とは、切ったリンゴをそのままにしておくと黄ばんでしまうような現象のことを指すのですが、それが肌でも同じように起こっています

 

特に、小鼻の周りの白い角栓は放置しておくと酸化してしまい黒い角栓へと変化してしまいます。

 

小鼻周りや口周りの白い角栓ができる理由として、肌のターンオーバーの乱れによる古い角質の蓄積メイク汚れ残っているなどの原因が挙げられます。

 

むうたま
ターンオーバーの乱れは、主に加齢紫外線乾燥肌荒れなどが関係しています。

 

このように、毛穴の開きや黒ずみ(白い角栓)は、様々な要因が関係しいるんです。

毛穴の黒ずみが消えない原因

毛穴の黒ずみが消えない原因になっているものは主に以下のものです。

 

  1. メイクがしっかり落とせていない
  2. 間違った洗顔方法をしている
  3. スキンケアを丁寧にしていない
  4. オイリー肌でベタベタが気になるからクリームや乳液はしない
  5. 朝の洗顔は水だけ、もしくはしない
  6. 毛穴の汚れを落とす効果のあるアイテムを使っていない

 

もし、この中で1つでも当てはまるものがあれば毛穴の黒ずみが消えない原因になっている可能性が非常に高いです。

 

1つずつ説明していきましょう。

メイクがしっかり落とせていない

これは、「酸化」の段落でお話したように、メイクなどの汚れが顔に残っていると毛穴が詰まる原因になります。

 

また、クレンジングのタイプによって洗浄効果が異なるので、洗浄力の弱いものを使っていると汚れが残っている可能性が高くなります。

 

 

ただ、これを見て「オイルクレンジングが良いんだ!」と思った方は要注意です。

 

汚れをしっかり落としてくれるオイルクレンジングはとても魅力的ですが、その分肌の必要な油分まで奪ってしまい使用後は肌が乾燥しやすくなるというデメリットがあります。

 

また、乾燥肌や敏感肌の人には刺激が強すぎて肌が荒れてしまう可能性もあるので、その場合は乾燥肌や敏感肌用のクレンジングを選ぶことをおすすめします。

 

直接シートを肌にあてて擦って落とすシートクレンジングは、肌への負担が大きく、毛穴の黒ずみの原因になる可能性が高いので、なるべく上記のタイプを使用することをおすすめします。

 

私が今まで使用してきたもので、毛穴の黒ずみケアで効果を実感できたクレンジングはアテニアのオイルクレンジングです。

 

肌のくすみをとってくれる効果があるのですが、このクレンジングを使いだして毛穴の黒ずみ(主に鼻や鼻周り、顎先)がなくなり、つるんとした肌になりました。

 

詳しくはこちらの記事で解説しています。

アテニアクレンジングオイルはマツエクOKな優秀クレンジング【悪い口コミを徹底解説】

間違った洗顔方法をしている

意外と知らない人も多いのですが、間違った方法で顔を洗っていると、それが毛穴の黒ずみの原因になる可能性があります。

 

以下の点に当てはまるものがある人は、再度洗顔方法を見直す必要があります。

 

  • チューブから出して泡立てずにそのまま洗顔している。
  • とりあえず泡は適当に泡立てる(泡のキメが緩くても気にしない)。
  • 小鼻の周りは黒ずみが気になるから指で擦って洗っている。
  • 顔を拭くとき、タオルでごしごし顔をこすってしっかり拭いている。

 

顔を洗う時、しっかり泡立ったキメの細かい泡で肌を優しく洗うことが毛穴の黒ずみケアの重要なポイント。

 

また、毛穴の黒ずみが気になる箇所を指で強くこする癖がある人は、肌を傷つけてしまい逆効果なので、指が肌にあたらないように泡で洗うイメージで洗顔をしましょう

 

正しい洗顔方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【毛穴の黒ずみは洗顔で決まる】正しい洗顔方法で毛穴レスな肌を目指しましょう

スキンケアを丁寧にしていない

スキンケアをするとき、ささっと肌の表面だけに塗って終わり!という人はいませんか?

 

スキンケアのアイテムをしっかり肌に沁み込ませるように丁寧なスキンケアをすることも、毛穴の黒ずみケアの1つとして挙げられます。

 

化粧水や美容液、クリームなどしっかり肌に密着させることで、肌の水分チャージや保湿効果につながるため、肌が酸化して毛穴が黒ずむことを防ぐことができます

 

オイリー肌でベタベタが気になるからクリームや乳液はしない

実際、私もスキンケアに興味を持つ前までは、顔がベタベタするからという理由で化粧水だけで済ませる日があったのですが、これはタブーです。

 

どんな肌質であっても、保湿ケアをしなければ化粧水でチャージした水分はすぐ蒸発してしまい、さらには肌に必要な水分までも一緒に蒸発してしまうんです。

 

肌が乾燥すると、肌のターンオーバーの乱れを引き起こし古い角質が毛穴に蓄積されてさらに黒ずみやすくなります

 

「オイリー肌だからベタベタするのが嫌!」という人も、必ず保湿クリームや乳液でしっかり保湿をすることで、毛穴の黒ずみを防ぐことを心掛けましょう。

朝の洗顔は水だけ、もしくはしない

仕事がある日の朝は、なかなか洗顔の時間がしっかりとれないという人も多いのではないでしょうか?

 

むうたま
忙しい朝は時間との勝負ですよね…!

 

夜の洗顔やスキンケアに重きを置く人が多い中、朝の洗顔も毛穴の黒ずみ対策にはかなり重要な役割をしているんです。

 

「前日の夜に洗顔やスキンケアをしているんだから、朝はさっとで良いでしょ」と思うかもしれませんが、実は寝ている間は、枕や布団が原因で肌や毛穴に油分や汚れが付着しているんです。

 

朝の洗顔は冷水のみという人は、肌に付着している油分をしっかり落としきれていないままメイクをしていることになり、さらに毛穴の黒ずみが目立ってしまうということも。

 

朝も洗顔フォームで顔を洗い、付着している油分や汚れをしっかり落とすことが毛穴の黒ずみを防ぐことに繋がります

 

それでも、「朝の洗顔がめんどくさい」という人はエマルジョンリムーバーがおすすめです。

 

朝ぬるま湯で顔を洗ったあと、顔全体にエマルジョンリムーバーを15~20プッシュ吹きかけると、透明な液体が白く濁った液体に変わります。

 

これは、肌の付着した汚れを浮かび上がらせて乳化している証拠です。

 

洗い流したあとも、しっとりした仕上がりになります。

 

むうたま
わたしは2年間使い続けていますが、洗顔がめんどくさいという日に使用しています。(笑)

毛穴の汚れを落とす効果のあるアイテムを使っていない

スキンケアアイテムには「保湿効果」「美白効果」「くすみ除去効果」など様々な悩みに特化したものがありますが、毛穴の黒ずみを消したいのであれば、以下のようなタイプのアイテムをメインで使用することをおすすめします。

 

クレイ系の洗顔やパック

クレイとは、泥のことで、肌鎮静効果皮脂吸着効果毛穴除去効果があります。

 

顔に直接塗るタイプのパックが人気です。

 

クレイ系おすすめパックの記事はこちら

シカ(CICA)カプセルマスクの効果や口コミは?【3ヶ月使ってみたレビュー】

 

酵素系の洗顔

酵素系の洗顔は、日ごろに洗顔では落としきれない皮脂を優しく取り除く効果があります。

 

炭酸系の洗顔

炭酸系の洗顔は、古い角質を除去してくれる効果や皮脂吸着効果があります。

 

スクラブ

スクラブは、古い角質や毛穴に詰まった汚れを取り除きくすみのない肌にする効果があります。

 

一方で、毎日スクラブをすると肌にダメージを与えてしまい乾燥しやすい肌になってしまうので、基本的に週2~3回の使用をおすすめします。

毛穴の黒ずみを永遠に消す5つの習慣

これまで、毛穴の黒ずみができる原因や、黒ずみが消えない原因についてお話してきましたが、続いては毛穴の黒ずみを永遠に消す5つの習慣についてお話します。

 

  1. クレンジングでしっかり汚れを落とす
  2. 毛穴対策用の洗顔で正しい洗顔を心掛ける
  3. 保湿ケアを怠らず清潔な肌を保つ
  4. 朝は洗顔フォームで必ず顔を洗う
  5. 上記のすべてにおいてを継続する

 

この5つを怠らずに毎日スキンケアをすると、必ず黒ずみは軽減されます。

 

「毛穴の黒ずみ効果のあるアイテムを使うだけできれいな肌になれる」と思われがちですが、実はそうではありません

 

どんなに効果のあるアイテムを使ったとしても、正しい洗顔をせず、保湿ケアをせず、1日や2日で効果を期待してしまうと、「口コミが良いアイテムを使ってみたけれど効果なかった」という結末になりかねません。

 

中には、毛穴の角栓を無理やりはがすテープなど即効性を感じられるものもありますが、その後のケアをしなければすぐ黒ずんでしまう可能性が非常に高いです。

 

つまり、黒ずみを永遠に消したい!と思うのであれば、上記の5つの習慣を必ず毎日怠らないことが黒ずみのないつるんとしたきれいな肌になれる一番の近道なんです。

 

私自身、2年間上記のことを徹底して継続したことで、今では毛穴の黒ずみに悩むことはほとんどなく、自分の肌が大好きになりました。

 

もちろん、黒ずみの悩みがなくなった今でも、上記の習慣は継続しています

毛穴の黒ずみをなくすおすすめ特別ケア~黒ずみ撃退ホットタオルケア~

前の段落では、毛穴の黒ずみを永遠に消す5つの習慣について解説しましたが、最後に私が毛穴の黒ずみに悩んでいたころにしていたおすすめ特別ケアを紹介します。

 

むうたま
自己流の特別ケアなので効果は保証できませんが、私はこの特別ケアで毛穴の黒ずみの軽減をより実感することができました。

 

用意するもの

ハンドタオル

ラップ

エマルジョンリムーバー

>>>エマルジョンリムーバーの詳細はこちら

 

手順

  1. ハンドタオルを冷水で濡らしてしっかり絞る。
  2. 絞ったままラップで包む。(絞ったままのハンドタオルをラップで巻いていくイメージ)
  3. ラップで包んだタオルをそのままレンジで温める。(600Wで60秒
  4. ラップをとり、広げたタオルをメイクを落とした後の顔に当てたまま3分間待つ。
  5. タオルを外し、顔全体にエマルジョンリムーバーを15~20プッシュ吹きかけて白い液体に変わるまで待つ。(ぽたぽた落ちるので洗面所で行うことをおすすめします)
  6. そのまま入浴して、普段通り洗顔をする。

 

レンジからホットタオルを取り出した際、熱そうであれば少し時間を置いてからやけどに気を付けながら顔に乗せましょう

 

ホットタオルで毛穴を緩めたあとエマルジョンリムーバーを吹きかけることで、より毛穴の汚れを落としてくれるのではないかという自己流の特別ケアです。(笑)

 

このケアのおかげで、毛穴の黒ずみ除去効果のある洗顔やクレンジングの効果をより実感することができたのも事実です。

 

むうたま
気になった人はぜひマネしてみてくださいね。

 

 

毛穴の黒ずみを消す1番の近道は5つの習慣を継続すること

 

毛穴の黒ずみを消す大切なことは、

 

  1. クレンジングでしっかり汚れを落とす
  2. 毛穴対策用の洗顔で正しい洗顔を心掛ける
  3. 保湿ケアを怠らず清潔な肌を保つ
  4. 朝は洗顔フォームで必ず顔を洗う
  5. 上記のすべてにおいて継続をする

 

この5つです。

 

もし1つでもできてないものがあれば、今日から取り組んでいけば必ず毛穴の黒ずみが軽減されるはずです。

 

透明感のある毛穴レスな肌を手に入れるために、さっそく5つの習慣を始めましょう。