【初回限定価格2,200円】肌の変化を実感できるお肌の救世主「フラセラ」トライセルセットの詳細はこちら

【価値観の違いで別れたい人へ】彼氏と別れる前に確認すべき大切なこと

 はじめに
今回は、彼氏との価値観に悩んでいる女性に向けてお話をしますが、逆に彼女との価値観の違いに悩んでいる男性にも必ず役に立つ内容になっているので、ぜひご覧ください。

価値観の違いとは、お互いが優先しているものが違うことです。

あなたは彼氏と「価値観が違いすぎて別れたい」と思ったことはありますが?

付き合った当初はそうは思わなかったけど、時間が経つと「あれ?こんな人だったけ?」と価値観の違いに気づくということも多々あります。

また、価値観の違いで別れたというカップルもたくさんいるようです。

なぜ人は価値観が違うと別れたいと思うのでしょうか?

今回は「価値観の違いで彼氏と別れたい」と思っている人に、別れる前に確認すべきことについてお話します。

この記事を読んでわかること
  • 「価値観の違い」=「別れる」になる理由
  • 別れる前に確認すること
  • 別れたほうが良いパターン


価値観の違いで別れる前に、いったん冷静になりましょう


おそらくこの記事を読んでいる人は、彼氏との価値観が違いすぎて「別れたほうがいいのかな」と悩んでいるのではないでしょうか?

ただし、勢い余って別れるのはまだ早いので、いったん落ち着きましょう。

まず、あなたは相手のどんなところに「価値観が違う」と感じていますか?

例えば

あなた 交際相手
お金を大切に使いたい 金遣いが荒い
アウトドアで休みの日も彼氏と遊びに行きたい 休みの日はゆっくり休みたいし趣味に没頭したい
彼氏との時間を優先したい 友人と遊ぶことを優先したい
彼氏以外の異性とは遊ばない 友人であれば異性とも遊びに行く

さて、このような価値観の違いですが、

「なんでこうなってくれないの?」という感情から「別れたい」になっていませんか?

「なんでこうなってくれないの?」と思い、相手に「もっとこうしてよ」と相手を強く否定することはあなたのエゴです。

価値観は、100人いたら100人とも違います。

まずそこを理解しましょう。

ただし、このように相手に「こうしてほしいのに直してくれない」という感情から価値観の違いが浮き彫りになり、別れてしまうという人が多いんです。

一方で、中にはずっと円満で仲良く続いているカップルもいます。

なぜ「価値観の違い」がありながらも、その人たちはうまくいっているのでしょうか?

あのカップルが円満な理由

相手の価値観を客観的に見ている
相手を許すことができている
相手に期待をしていない

この3つのポイントですが、もし今「価値観が違いすぎて別れたい」と思っている人は、別れる前に自分に当てはめて、いったん「価値観の違い」に向き合ってみましょう。

なお、借金をしてまで競馬やスロットにのめりこむ人、公共の場でマナー違反をする人、浮気を平気でする人などについては、価値観の違い以前の問題ですので、きちんと気持ちの整理をした上で、早い段階で決断をしましょう。

彼氏との価値観の違いで別れる前に、「価値観の違い」に向き合いましょう

それでは、先ほどの3つのポイントを深堀していきます。

相手の価値観を客観的に見ましょう


これは、相手の価値観を自分目線ではなく第三者の目線になって考えてみるということです。

例えば、

  • 彼氏の飲み会が多く、浪費癖が気になる
第三者の意見

「会社や取引先との付き合いもあるし、男同士で仕事の話して愚痴なども言いあいたいから飲みにも行きたいよね」「仕事忙しいのに会える時には会ってくれてるし、たまには息抜きも必要だよね」

  • 彼氏がインドアでお出かけデートをしてくれず、趣味を優先している場合
第三者の意見

「仕事で疲れてるし、そりゃ土日はゆっくり休みたいよね」「相手の趣味さえ奪うのは少し束縛しすぎかも」

  • 彼氏が女友達とよく遊びに行く場合
第三者の意見

「本人は地元の友達って言うし、疑うのも相手に悪いんじゃない?」「会社の同僚ってだけなのに、そこまで制限するのはかわいそうだよ」

いかがですか?
おそらく「いやそれは分かるんだけどね」という人は多いのではないでしょうか?

ただし、この「客観的視点から相手の価値観を見る」ということはとても大切なことです。

まず、上記の第三者の意見を読んで「確かに一理あるな…」と思った人は、別れるということはいったん置いておいて、「相手の価値観」を冷静に分析しましょう。


ただし、ほとんどの人は「分かるけれど、内容の度が過ぎるのよ」と思っているはずです。


例えば、

  • 浪費癖のある彼氏が仕事云々ではなく、ただ飲むのが好きで友人と週5で飲みに行っている
  • 土日はずっと家にいる彼氏が外で遊ぶのがめんどくさいから家にいたいと言い訳をし、彼女よりもアイドルにはまっている
  • 女友達とよく遊ぶ彼氏が、付き合っている自分より頻繁に女友達と会っていて明らかに怪しい



などですね。


相手の価値観も、第三者の目線で一度は認めてみようとしたものの、度が過ぎてお手上げという状況です。

もし、あなたがその状況にいるのであれば、次に、相手を許すことを試しみましょう。

相手を許しましょう


「相手を許す」ということは、意外と難しいことです。

なぜなら「相手の行動を認める」ということだからです。

おそらく多くの人は「なんで自分ばっかり我慢しなきゃいけないの?」と思うはずです。

さて、いったんここで考えてみましょう。

我慢しているのは本当にあなただけですか?

「自分ばっかり」と思ってしまうと、相手は全く我慢していないと決めつけてしまいがちですが、もしかしたら見えないところで相手も我慢をしているかもしれません。

  • 週5で飲み歩いている彼氏も、あなたが「浪費癖のある自分をよく思ってない」ということに気づいており、飲みにいく回数が前より減っていたりしませんか?
  • 外で遊ぶことが好きでない彼氏も、思い返せば月一で必ずドライブに連れて行ってくれていたりしませんか?
  • 仲の良い女友達とよく遊びに行く彼氏も、実は会う頻度を少なくしてくれていたり、また、女性だけの飲みだとあなたが心配するので、男友達も呼ぶようにしてくれていたりしませんか?



よくよく思い返せば、相手も相手なりにに「我慢」をしてくれているかもしれません。

それは、「あなたの価値観に対して少しでも理解してくれているから」してくれていることです。

「それでも私のほうが我慢している」と思うかもしれませんが、我慢の大小こそ人によってとらえ方が違うので、もしかしたら相手も同じことを思っているかもしれません。

もしここで

「そういえば、昔に比べて飲みの回数減ったな」
「なんだかんだ記念日にはドライブ連れて行ってくれるな」

と心当たりがある場合は、ひとまず相手へ感謝の気持ちを伝えてみましょう。


今、この記事を読んだ上で、相手を許してみようと思えたのであれば、恥ずかしいですが「いつもありがとう」と一言言えるはずです。

素直に「いつもありがとう」と伝えると、彼氏も「いつも我慢させてごめんね」と思ってくれるかもしれません。


さて、ここまできても「いや、相手は絶対我慢はしてないし、何を言っても改めてくれないし、もはや話が通じない宇宙人」という人へ、最後の手段です。

相手に期待しないようにしましょう


あなたが相手にそこまでして価値観を改めて欲しいと思うのは何故でしょうか?

それは、あなたが相手に期待をしているからです。

「浪費癖ありすぎだから節約して」
「週末は必ずお出かけデートして」
「女友達とは会わないで」

このように相手に言ってしまうのは、あなたが「相手が価値観を変えてくれる可能性があるかも」と期待をしているからです。

しかし、価値観というのは生きてきた環境や周りの人間付き合いによって変わるので、あなたの力で変えることはできません。

もし変えられるとするならば「時の流れ」と「環境の変化」のみです。

そして、彼氏に期待をしすぎると、今度は彼の不満が爆発します。

「なんで俺ばっかり言われるの?そっちだってそうじゃないか」と思うはずです。

一方で、あなたが相手に期待することをやめたら、相手に対するフラストレーションもなくなります。

「男だからこうでなければいけない」とか、「彼女がこう言っているんだから話きいてよ」という期待はやめましょう。

ただし、「期待をしない」と聞くと、少し寂しいですよね。

「期待をしない」というのは、相手対する愛情をなくしなさいと言っているわけではありません。

「期待をしない」ということは「こうでなければいけない」という固定概念をなくすことです。


  • 「普通、飲み会も多くて週2だよね」
  • 「普通、週末にはデートするよね」
  • 「普通、彼女がいたらいくら仲のいい女友達とはいえ、ご飯行くのやめるよね」


もし、これが「普通」だと思っている人がいれば、これは「普通」ではなく「あなたの固定概念」です。

むうたま
ちなみに

私自身、上記の「普通」といわれることを「普通」と思ったことはありません。

  • 飲み会も、相手が週5で行っていた時も「仕事でストレス溜まってるのかな」
  • 週末のデートがない時も「運転するの疲れるし、今日はゆっくりしよう」
  • 異性の友人とご飯に行くのも「仲の良い友達ならなおさら行っておいで」



となります。



何が言いたいかというと、あなたが「普通」と思っていることも、中には「普通と思っていない人」もいるということです。

この固定概念をなくせば、あなたの彼氏の価値観に対する考え方が変わるはずです。



「価値観の違い」にどうしても向き合えない場合は、別れましょう

さて、ここまで読んでみて、彼氏との「価値観の違い」に向き合えましたか?

もし「全然客観的にも考えられないし、全然許せないし、絶対に相手に価値観を直してほしい」と思うのであれば、最後に必要なことは「話し合い」です。

もしかしたら、あなたが「価値観の違い」で別れたいと思っていることを、相手は気づいていないかもしれません。

もし、このことを話さずにいると、話は平行線のままですよね。

きちんと話をして、それでもお互いが価値観を認められず、お互いが相手の価値観を変えてほしいと思っているのであれば、別れるという手段を選んだほうがよいかもしれません。

あなたが自分の価値観を優先したいと思っているのと同様に、彼氏も同じように思っています。

このまま付き合い続けても、お互いが不満を持ちながら生活をしなければなりません。

あなたを笑顔にしてくれる人は必ずいます。

そして、これは終わりではなく、次の恋をより良いものにしてくれる一つの種(経験)になります。

一方で、もう一回彼氏と向き合ってみようと思えたのであれば、ぜひ新しい気持ちで向き合ってみましょう。

価値観の違いに向き合う方法

相手の価値観を客観的に見ましょう
相手を許しましょう
相手に期待をしないようにしましょう

この3つを攻略すれば、大好きな彼との関係も修復できるはずです。