【初回限定価格2,200円】肌の変化を実感できるお肌の救世主「フラセラ」トライセルセットの詳細はこちら

【プレ花嫁必見】結婚式場への持込できるアイテムは?持込無料でないのはなぜ?【元ウェディングプランナーがするリアルな話】

プレ花嫁
結婚式はなるべく費用を抑えたいからいろんなアイテムを持込みたいけど、持ち込みできないものはあるの?
プレ花嫁
結婚式場に頼むのと手作りするのとどっちがいいの?

最近の結婚式では、自分たちで作った小物や、外注したものを持ち込む新郎新婦さんがとても増えてきています。

自分たちのオリジナリティを出したい!こんなテーマで会場を装飾したい!という方から、中には「なるべく費用を抑えたい」という方も多いのではないでしょうか?

プレ花嫁
だけど、式場のサイトを見ても、持込料について詳しくかいていなかった

そうなんです。各式場のサイトや資料にも、基本的にすべての持込料は記載されておらず、成約手続きの際に「万が一持ち込む場合はこれだけ持込料がかかりますよ、いいですね?」という確認がとられるところが多いです。

そこで、今回は元ウェディングプランナーが「持込できるもの・できないもの」「おおよその持込料」についてお話しします。

こちらのページの内容は、私がプランナーをしていたときの状況を、他式場との比較などをもとにまとめていますので、あくまでも元プランナーの経験談としてご覧ください。
各式場によって、具体的な持込料や持ち込めるアイテムは異なります。詳しい内容は式場へお問い合わせください。

そもそもなぜなぜ結婚式場に持込ができないものがあるのか?

私がプランナー時代によくお客様から

お客様
なんでブーケ1つが無料で持ち込めないの?

と、よくお声を頂いていました。

結婚式場への持込料が発生する理由

基本的に、各式場は、衣装室や美容室、お花屋さん、スタジオなどたくさんの業者と提携を結んでいます。そして、その式場で結婚式を挙げるお客様がその式場を通して業者の商品を選ぶように案内をし、業者から式場にその商品代の何割かの手数料が支払われます。お客様が提携業者以外から持込をする場合は、この紹介手数料分を補うために持込料を設定しているともいえます

きちんと理由があって持込料は発生しているのです。

ただし、持込料を払えばすべて持ち込めるわけではなく、基本的に、無料で持ち込めるもの持ち込めるけれど持込料が発生するもの持込NGのものに分かれており、具体的な内容は結婚式場によって全く異なります。

持ち込みのメリットとデメリット

一生に一度の結婚式なので、こだわりたい部分はしっかりこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。。
でも、持ち込みしたときの注意点やデメリットはあるならば前もって知っておきたいですよね。
そんな方に、まず持ち込みのメリットとデメリット(注意点)

持ち込みをするメリット

 費用を抑えられる
 自分たちの「こだわり」を出せる
 幅広いデザインのアイテムを選ぶことができる(選択肢が広がる)

持ち込みをするデメリット

 作業時間の確保が必要(かなり大変)
 失敗する可能性がある
 それなりに持込料がかかるアイテムだと、返って費用が高くなることもある

アイテムを持ち込む場合、上記のデメリットにも注意しておきましょう。

持ち込みアイテムについて、すべて自己責任になります。

気持ちを込めてアイテムを手づくりしたいという方もいるかと思いますが、その場合、招待状の文章ミスや、席次表のゲスト名の入力ミスなど、ゲストに失礼があってしまっては、本末転倒です。

時間と気持ちに余裕を持って、準備をしましょう。

持込料が無料なものは?持ち込めるアイテムは?

さっそくですが、結婚式場に持込みしやすいもの、しにくいものに分けて説明します。

「できるもの・できないもの」と表現しているのは、先ほどお話ししたように式場によってできるものできないもの、持込料は変わってくるので、あえてこのように表現します。

また、あわせて実際に持ち込む際の注意点もお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

持ち込みがOKなもの、持込料がかかりにくいものを★の多さで表しています。

ペーパーアイテム(招待状・席次表・メニュー表・席札)
★★★★☆


比較的に持込料は発生せず持込しやすいものです。
ただ、すでにプランの中に何枚か含まれている会場もあります。

例えば

様々なアイテムがセットになったお得な披露宴プラン(60名分)を使って成約をした場合、あとから「招待状を持ち込みたい」となっても、60名分の招待状の金額はプラン内に含まれている場合もあるので、必ず払わなければならない費用となります。(例外を除いて、基本的にこのパックは崩せません)
この場合は、費用の面だけでいうと、招待状だけでもホテルに注文したほうが無難かと思います。

ドレスやタキシードなど新郎新婦の衣装 ★★☆☆☆


ドレスや和装は、持込みはできる場合もありますが、平均で持込料(~10万)は発生する可能性が高いです。

結婚式費用の中でも衣装の金額の割合は大きいため、持込料も他のアイテムに比べて高く設定されています

ただ、式場以外でレンタル衣装を持込む際、持込料を負担してくれる業者もありますので、費用を抑えたい人は、そのような衣装店から持込むのも一つの手段かと思います。

衣装小物(ヘアアクセサリー・ネイルチップ・ブーケ・衣装下着など) ★★★★☆


前撮り撮影時や当日に使用するこれらの小物は、比較的に持込はしやすいですが、別途持込料(~数千円程)が発生する可能性があります。

補正下着(ブライダルインナー)の詳細はこちら


当日、新婦はドレスの下にきれいに着こなすために補正下着(ブライダルインナー)を着るのが一般的ですが、衣装下着を持込む場合、ネットで購入するとサイズが合わない可能性があります。

「大丈夫だろう」という気持ちでそのまま当日着用すると披露宴の途中で着崩れてしまう恐れもあるので、個人的には、結婚式場が提携している衣装室で、プロのスタッフに相談しながらを購入されることをオススメ致します。

また、ヘアアクセサリーの持込みに関しては、結婚式場によっては「持込料」とは別に「取付料(~数千円程)※持ち込んだアクセサリーを髪に取り付けるための費用」が別途発生する可能性もあるので、持込みたい方は担当プランナーに確認しておきましょう。

取り付けるだけなら美容代に入れてくれればいいのに…と思われるかもしれませんが、実際にこのような結婚式場もありますので必ずご確認ください。

会場コーディネートに関わる装花
★★☆☆☆


基本的に、式場が提携している花屋さん以外の業者の持込は持込NGの式場が多い印象です。私が勤めていた式場は持込料(3万)を払えばお花屋さんの持込はOKでした。

お花屋さんの持ち込みが絶対条件のカップルさんは、成約前に必ず式場へ問い合わせをしましょう。

カメラマン ★★☆☆☆


カメラマンも、式場が提携しているスタジオ以外の業者の持込はNGの式場が多い印象です。

持込料も数万円する会場が比較的多い印象です。知人がカメラマンでどうしても…という場合は担当プランナーに確認しておきましょう。

たまに
「カメラ撮るのが上手な友人をゲストとして呼んでるから、その人に料理食べながら撮ってもらいます」

という方がいらっしゃいました。

これはグレーゾーンです。必ず結婚式場に確認をしておきましょう。

当日披露宴で上映する映像関係
★★★★☆


プロフィールムービーやエンディングムービーなど、当日披露宴で流す映像に関しては、比較的に持込料は発生せず持込しやすいものです。

ネットで注文した方が式場で注文するより、とてもお安くなるので、手作りをする時間と気力がある方は個人的に手作りをオススメです。

ただし、業者が作成したもののほうが、ミスもほとんどないですし、自分たちの負担はかなり軽減されますので、時間がない方や、誤字脱字が心配な方は式場にお任せしたほうが安心かもしれません。

ヘアメイク・着付けスタッフ
★★☆☆☆


基本的に、式場が提携している美容室以外からのスタイリストは持込NGの式場が多い印象です。

もし持込ができたとしても、結婚式場に入っている美容室は使用できないので、別途支度部屋使用料(~数万円程)が発生する可能性があります。

友人にヘアメイクスタイリストがいてぜひ髪をセットしてほしい、という場合はこちらも必ず確認しておきましょう。

司会者
★★★☆☆


披露宴には司会者が必ず必要なのですが、基本的に式場が提携している業者以外からの司会者は持込NGの式場が多い印象です。

ちなみに、私が勤めていた式場は持込料(5万円)を払えば持ち込みが可能でしたので、実際に司会者を持込された新郎新婦を数組担当したことがあります。

その経験を踏まえると、それぞれの結婚式場によって披露宴の進行上のルールや流れがあるので、その式場に慣れた司会者の方がよりスムーズで安定した披露宴が行えていたように思います。

さらに、その結婚式場に慣れている司会者だと、式場スタッフとも連携が取れているので安心ですよ。

持ち込みたいものがあるときに注意すること

以上の内容が、私がプランナー時代に新郎新婦が持込を希望されたことがあるものです。

自分たちで持ち込みたいものが具体的に決まっている場合は、以下のこと気を付けて持ち込みましょう

  1. 式場見学の前に持ち込みたいものをピックアップしておきましょう
  2. 自分たちに負荷がかかりすぎないように、バランスを考えましょう
  3. 持込グッズの作成に力を入れすぎて、ほかのことをおろそかにしないようにしましょう

よくあるのが、持ち込めると思って特に確認はしてなかったけれど、実際は持込料かかるというパターンです。

冒頭でもお話ししましたが、初めての式場見学の段階では、「どのアイテムが、どのくらいの持込料がかかるのか」という説明は、お客様から聞かれない限り、具体的にはしない結婚式場が多いかと思います。

持ち込みたいものがあるのであれば、前もって必ず結婚式場に聞いてみましょう。

また、費用を抑えるために持ち込めるものをすべて持ち込むとなると、自分たちに負荷がかかってしまいます。

初めのころは「できる!」と思っても、当日の朝まで準備がかかった…というお客様は多くいらっしゃいました。

当日晴れ晴れしい気持ちで結婚式を迎えられるよう、余裕をもって段取りをしておきましょう。